沼津デリヘルや静岡エステなど静岡の風俗求人・高収入アルバイト情報満載!

沼津・静岡・浜松の風俗デリヘル求人

静岡で風俗の仕事をする上で知っておきたい静岡の方言

静岡で風俗の仕事をする上で知っておきたい方言

静岡エリアの風俗のお客様は標準語に近いけど訛ってます

「ら」「だら」などで知られる静岡弁は、標準語の浸透もあって、最も標準語に近い方言になったと言われています。
しかし都会からやってきた風俗嬢からすると、年配の人や地元愛強めのやんちゃな若者の一部の人達は、聞いてすぐ「うわ~訛ってるなぁ」と思えるぐらい強い訛りがあるようです。
それに栄えている地域の若者が使う静岡弁は、標準語化しているというが、これもまた微妙なところで、例えば「行くのだよ」「食べるのだよ」など、標準語で「○○するのだよ」というのが、静岡弁では「行くだよ」「食べるだよ」となります。
また、中部の方でよく聞くのが「○○っけ」で、例えば標準語で「もうやったよ」が静岡弁では「もうやったっけ」になり、他県から静岡に風俗のお仕事に来た女の子にはどうも分からない感じになるみたいです。

静岡のデリヘルで働く女の子は“超”は使いません!

静岡の風俗嬢は“超”を使いません! 風俗に遊びにくるお客様とお話をする時に、強調表現で「超かわいい」や「超すごい」などの「超」ってよく使いますよね。
静岡では「超」ではなく、「バカ」を頻繁に使います。他県の風俗嬢の女性も「バカうまっ!」や「バカでかっ!」とか言ったりする人もいるとは思いますが、「バカつまんないらぁ~」や「バカ笑えるらぁ~」というのは聞きなれない言葉ではないでしょうか?
静岡ではこの「バカ」を使う頻度があまりにも多いのですが、近頃の女子高生は「ゲロカワ~」とか使ったりもするので、それに比べたら静岡弁は「バカカワイイ」もんなのです。
ボーナジョブにはデリヘル・人妻デリヘル・エステなど、「バカ稼げる」風俗求人情報が沢山掲載されていますので、是非チェックしてみて下さいね。

静岡中部・東部の風俗嬢も荒々しい遠州弁にびっくり!

静岡で風俗嬢も荒々しい遠州弁にびっくり! 実は、静岡県の方言は静岡弁だけではありません。もっと方言らしい方言が県西部で使われる遠州弁です。
遠州の風俗嬢も静岡中部・東部の風俗嬢と同じく、訛りの自覚症状があまりないようで、標準語を話しているつもりで「○○だに」と使う女の子も多いようです。地域によって方言やアクセントに少し違いもある遠州弁ですが、基本的に荒っぽいので訛り感は強く感じるかも知れません。
遠州弁と静岡弁には共通の使い回しもあって、例えば「○○ら」の使い方は、静岡で「言わないら」というのが、遠州では「言わんら」となるのです。これだけでも若干の荒っぽさを感じますよね?
また、ちょっと怖い表現もあって、遠州では「髪を切る」ことを「頭を切る」と言ったりするのです。静岡の同じデリヘル店に勤務している中部や東部出身の女の子に西部の子が「来週○○で頭切ってくるんだ♡」と話したら少しびっくりされるかも知れません(笑)

静岡の風俗で働くなら伊豆弁を使って指名アップを狙ってみては!?

静岡の風俗で伊豆弁を使って指名アップを狙ってみては!? 静岡県といえば伊豆を外すわけにもいきません。伊豆にも伊豆弁という立派な方言があるのです。
東部でも使ったりするようですが、地域によっても若干違いがあるみたいで、漁師町の言葉は荒っぽくキツイ印象があります。
代表的な伊豆弁といったら「にゃ~」で、「知らない」が「知らにゃ~」、「危ない」が「危にゃ~」など、名古屋弁のような雰囲気が感じられます。
デリヘルやエステのお客様に伊豆弁で会話したら、猫っぽくてウケがいいかも知れませんよ(笑)また、語尾に「だら」や「ら」はもちろん普通に使いますが、「べえ」を使う地域もあるみたいです。
若い女性の働き口が少ない伊豆エリアですが、ボーナジョブには熱海や伊豆といった地域の高収入アルバイト情報も掲載中です。地方ならではの送迎や寮など待遇もバッチリなので安心してお仕事できますよ。

検討中リスト

新着急募情報

QUOカードプレゼント

携帯サイトのご案内

  • 沼津静岡デリヘル風俗求人|ボーナジョブのQRコード http://bona-job.com/

    スマホ・モバイル版はコチラからQRを読み取ってね

PAGE TOP