年末に向けた求人プラン!

プロ野球のペナントレースも最終局面に突入。

歴史的独走で優勝したソフトバンク。

歴史的混戦を抜け出し、ヤクルトが一歩リードのセリーグ。

別にヤクルトファンでは無いのですが、久しぶりにヤクルトに優勝してもらいたいなぁ…なんて考えているヒロキングです。

 

さて、秋を迎え過ごしやすい日々が続く今日この頃、キャバクラなどのナイトワーク・デリヘルなどの風俗関連、どちらの求人も活発になり始めております。

理由はイベントシーズンの夏を終え、さらにシルバーウィークも終了した事で新しい仕事や職場を探す人が動き始めたことにあります。

過去数年を見ても、多少のバラつきはありますが10月・11月はこの業界では「求人最盛期」と言われ、求職者・店舗側共に最も動きがある時期の一つと認識されています。

年末に向けて今から準備!

店舗側からすると今は客が少なく、風俗業界自体が最盛期というワケではありません。

一番いい時期はもちろん年末の12月ですから、まだ時期尚早と言ったところでしょうか。

だからもしこの時期に女の子が入店しても、十分な仕事量を与えられない…という理由で求人をかける事に二の足を踏んでしまうお店もあるかも知れません。

しかし、最盛期の12月に人材を確保しておく為には、10月初旬から手を打たないと間に合いません。

例えば未経験の女の子だと、仕事内容や業界の雰囲気に慣れるには確実に時間がかかります。

今のうちから徐々に仕事を覚える事で、最盛期の12月には主力として活躍してくれるはずですから、今から動かないと時間がありません。

また、経験者は、お店が落ち着いて稼げなくなった事で次の店を探します。

まさに今がその時期です。

年末の忙しい時期に経験者はあまり動きませんから、この時期が求人の最適時期になるのです。

お客様の入りが少なく運営が厳しい時期かも知れませんが、このタイミングでも女の子が多数入店する事で、お店全体の出勤が増え、新人が増えた事で客足も伸びる事が予想できます。

毎年年末にお店側から聞かれる「仕事はあるけど女の子が足りない」「取りこぼしが非常に多い」という状況が今年は起きないように、今から計画的な求人活動を各店にお願いしたいと思います。

fuzoku aki